つぶやき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
●大会ルール
遊戯王OCGマスタールール32016年4月1日からのリミットレギュレーションを適用します。
公式サイトの情報、発売日以降のVジャンプの情報のみを新制限とします。
禁止カードに「レインボー・ライフ」「自爆スイッチ」「三位一択」「神秘の中華なべ」「非常食」を加えます。
追加ルールを除き、公式大会規定公式罰則規定を概ね適用します。
インテンションナルドロー(同意による引き分け)は認めません。
外国語版カードは使用できません。サブイベントでは使用可能です。
本大会は2デュエル先取のマッチ戦で行います。
サイドデッキの使用が可能です。

●追加ルール
予選を3(4)回戦行い、上位4(8)校が決勝トーナメントに進出し優勝チームを決定します。
予選中エキストラデュエルは実施しません。(予選最終戦の全勝チーム除く)
カードのテキスト面がスリーブのロゴで隠れたり、半透明で見え辛くするスリーブの装着は禁止します。
デュエル中はサイドデッキの上に、当日配布するセパレーターを乗せてください。
相手のデッキをカットする場合、デッキを立てず机と並行に行ってください。
デュエルに必要ない物(デッキケース、スマートフォン、時間を計測する物等)は全てかばんにしまってください。
自分の対戦が終了した場合でも、チームメンバーの対戦が続行している場合、スマートフォンを確認する事はできません。
デュエリストデバイス等の電卓以外の機能がついている電子計算機器は使用できません。
腕時計をしている方は、外してかばんにしまってください。
デュエル中、カードは適切な場所に適切な方向で置いてください。
スリーブ、プレイマットの絵柄は、公序良俗に反しない物を使用してください。
チームメンバーなどへ対戦中にアドバイスはできません。リアクションなど、プレイに影響がでる行為もできません。

●予選中(予選最終戦の全勝チーム除く)
○制限時間について(ロスタイム、時限判定、個人の勝敗判定)
制限時間は予選40分、決勝トーナメント50分となります。
ただし、制限時間を超過した際に、対戦を終了していない卓が多いとヘッドジャッジが判断した場合、追加のロスタイムを宣言します。 ロスタイムをコールした場合、その時点でエキストラターンには突入せず、デュエルを続行します。
ロスタイム経過後、改めてヘッドジャッジが制限時間終了を宣言します。
その後、エキストラターンを実施しますが、15分を経過した時点(目安)で対戦を打ち切ります。
打ち切った対戦はライフポイントの差やそれまでのデュエルの結果に関わらず、マッチ結果が両者敗北となります。
エキストラデュエルは実施しません。

○チームの勝敗判定
個人がマッチに2勝以上している場合、チームの勝利となります。
よって、時限判定などで両チーム敗北となる場合があります。
また、エキストラターンが時限判定の前に終了し、一人勝利、二人引分の場合も、チームの敗北となります。

●予選最終戦の全勝チーム、決勝トーナメント
○制限時間について(ロスタイム、時限判定、個人の勝敗判定)
制限時間は予選40分となります。
ただし、制限時間を超過した際に、対戦を終了していない卓が多いとヘッドジャッジが判断した場合、追加のロスタイムを宣言します。 ロスタイムをコールした場合、その時点でエキストラターンには突入せず、デュエルを続行します。
ロスタイム経過後、改めてヘッドジャッジが制限時間終了を宣言します。
その後、エキストラターン、エキストラデュエルを実施しますが、20分を経過した時点(目安)で対戦を打ち切ります。
エキストラデュエル前のサイドチェンジを認めません。
打ち切った対戦はライフポイントの差に関わらず、そのデュエルが両者敗北となります。
デュエルの結果が1勝0敗となった場合⇒1勝した方がマッチの勝者
デュエルの結果が1勝1敗となった場合⇒マッチ引き分け

○チームの勝敗判定
個人がマッチに2勝以上している場合、または1勝2分のチームの勝利となります。
1勝1敗1分となった場合、その対戦の個人の勝敗を参照して勝利チームを決定します。

●決勝進出チームの決定方法
予選中、チームは勝利で3点、引分で1点、敗北で0点のマッチポイントを獲得します。
以下の優先順位でチームの順位を決定し、上位のチームが決勝トーナメントに進出します。
なお、不戦勝の場合、個人戦績は2勝1敗、対戦チームのマッチポイントの合計数は3点で計算します。

1、マッチポイント
2、個人戦績(勝利した方の人数が多いチーム)
3、個人戦績(引き分けの人数が多いチーム)
4、対戦チームのオポーネント(対戦チームのマッチポイントの合計数)

●ヘッドジャッジへの上告について
ジャッジの裁定に疑問がある場合、ヘッドジャッジへ上告する事ができます。
ヘッドジャッジが判断した裁定は、その大会中覆る事はありません。

●OCG事務局から明確な回答がないルールについて
OCG事務局へ問い合わせ回答が得られなかったルールの裁定については、類似カードのルールや大会罰則規定に基づき、当日ヘッドジャッジが裁定を下します。

●撮影について
顔写真を含め当日スタッフが撮影した大会風景や表彰式、対戦動画等のデータを、後日インターネット等の媒体でアップする場合があります。
あらかじめご了承のうえご参加ください。
スタッフ以外の撮影は、特にスタッフの許可がない限り、展示品を除きお断りします。

2016/03/19(土) 17:40 | トラックバック:0 |
トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


プロフィール

鷹の目団

Author:鷹の目団
鷹の目杯、学校別対抗戦などを開催!

大会結果(レシピ・動画)

鷹の目杯終了のお知らせ

鷹の目団の歴史

鷹の目杯レポート(Duel Entranceさん)
鷹の目杯の考えについてインタビューを受けています。

東北での活動
絆~KIZUNA~エクシーズ

pixiv
pixivでイラストを描いて頂ける方をお探ししています。
興味がある方はpixiv垢をフォローをお願いします。

サイトポリシー

ワンプッシュ投票
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。